2021年04月01日

●肩書きについての私の考え方


私は、ふんわりとしあわせな気持ちになれるような作品を作っていて、
それに付随するお仕事をしています。

なので、肩書きは「作品を制作している人」という意味あいの言葉ならなんでもいいと思っているのですが、
そういうわけにもいかないので、現在は肩書きを「手芸作家」で統一しています。


あまり広い分野にまたがる言葉じゃない方がいいのかと、以前は思っていて
「ファブリックアーティスト」と書籍や雑誌に紹介してもらっていました。
また、昔の新聞記事には「造形作家」」と掲載されたこともあります。


手芸作家で統一しようと思ったのは、
様々なものを制作されているのだから、つまみ細工に限定した印象を与える肩書きじゃない方がいいのでは?
といった意見をもらうことが多々あり、私自身もそうだなと思ったからです。

人によって考え方は様々なので、編み物なら編み物だけ。
彫刻なら彫刻だけしていないといけないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

私は素材や技法が変わっても、私らしいデザインや色合いで同一世界観の作品が
制作できているのでそれでいいのではないかと思っています。


子供の頃から絵や華道を習っていたり、つまみ細工や水引や刺繍を身内に教えてもらったり、
小学校や中学校の手芸部ではシートフェルトで動物マスコットやお花を作ったり、
画用紙などでお花やミニチュアハウスを作ったり、粘土でミニチュア小物や食べ物を制作したり。
手芸や工作などのものづくりはとても楽しいなと思っていましたし、今も思っています。

もちろん、つまみ細工に関しては、制作していてとても楽しいですし、教室も運営していますし、
著書も出版されていますし、責任もありますので、
今後もずっとおばあさんになっても続けていこうと思っていますが、
それ以外の作品も、その時々で興味を持った素材や技法を使って制作していきたいと思っています。



posted by pretty at 20:41| 日記

2021年03月28日

●お手紙やメールを頂きましてありがとうございます


3冊目の出版にあたり、お手紙や贈り物や、メールなどをいただきましてありがとうございます。
とても嬉しく温かなお言葉やお祝いの言葉、
また本屋さんで表紙が見える形でたくさん並べられていました!というような
ご報告をいただいてとても嬉しいです。ありがとうございます。


献本を郵送した皆さんからも、年度末で忙しい中、
お手紙やメールで、献本のお礼と作品や私が撮影した表紙写真などについて、
とても嬉しく温かなお言葉をいただきましてありがとうございます。
とても嬉しいです。


そういえば献本した方の中で、1件だけ返信が無い方がいて、
追跡できる形で送っていたのですが、追跡番号をちゃんと保管していなかったので、
ちゃんと届いたかな? と不安に思うと同時に、
昨今のコロナなどのこともあるので、
なにかあったのかな? お元気かな? と心配です。




posted by pretty at 08:04| 日記

2021年03月16日

●表紙のまぼろしの別バージョン


kurohyousi002.jpg


表紙と裏表紙は何パターンか撮影して、そのうちの一つの「濃いグレー」バージョンです。

これは自宅で自分で撮影とスタイリングをした時、すごくかわいく撮れたと思い、
「夜のお散歩」みたいなイメージでお気に入りでした。

※文字の配置などの誌面デザインは私が簡易的におこない担当編集者さんに提案したものです。

その後、水色やほかの色でも撮ってみて、水色背景だとちょうちょとハートの色が埋もれるので、
別の色の布で作り直して再撮しました。

ちょうちょはムラサキ色のも作ってみたけれど、並べると少し清楚さに欠けたので、
水色の元のものに戻して、ハートをムラサキ色のグラデーションにして再撮しました。

再撮した水色の表紙写真と裏表紙写真はとても気に入っていたので、
それが表紙になってよかったなと思っています。






posted by pretty at 12:56| 日記

2021年03月13日

●【ご質問への回答】使用しているパソコンソフトなどについて


使用しているパソコンソフトやファイル形式について、
生徒さんなどから質問を受けることがあります。

今回、3冊目の著書がもうすぐ出版されることから、
本づくりについて質問をいただくことが多々あったので回答したいと思います。
ファイル形式や使用しているソフトは一般的なものですが、あくまでも私の個人的な例です。

・台割制作・・・Microsoft Excel
・誌面レイアウト制作・・・ファイル形式 PDFファイル、aiファイル
・イラスト制作・・・Adobe Illusutorator ファイル形式 aiファイル
・文章、コラム・・・ファイル形式 PDFファイル、aiファイル
(誌面レイアウトデータに、イラストと文書と、プロセス写真のラフスケッチを記載)
・その他の資料(撮影打ち合わせ用など)・・・ファイル形式 PDFファイル
・動画資料・・・ファイル形式 MPEG4
・写真の調整用・・・Adobe Photoshop

今回の著書ではスタイリング(作品の背景の材質や色を選んだり、作品を引き立たせる小物を選んだりし、配置する仕事)も担当しています。
9歳から華道を学び、正教授一級という資格を取得しており、
花展への出瓶や、公共施設やホテルのロビーなどに花を生けるお仕事などを通し、
色彩や空間構成を学んできたのでそういったことが生かせたと思います。

4歳ごろから絵を習っていたり、祖父が日本画を描いていたり、そういう環境だったことも
感性やセンスを磨く上で良かったのではと思います。

また、現在、もっとも上達したいと思っているのは動画編集です。





posted by pretty at 19:23| 日記